まるいひかり

霧のように降る雪の中見上げた太陽はまるでまるいひかりで、ぼくは脊髄の芯を貫くように灼かれたような。