ベンチにて

ベンチに座ってぼんやりしていたら、隣にみすぼらしいなりの男が座った。
かといって何も話をすることはなかった。隣に座ったからといってわざわざ言葉を交わす義理はないのだ。
やけに細い男だった。