人を助ける

人を助けたいという気持ちは漠然としすぎていて、はっきりしない

だから、しゃあなしそんときそんときにすくい上げるようにやれるだけやってみるしか

言葉にしたいけどうまくいかない

終わる瞬間にだけ始まりの気配を察知することが出来るらしい

加爾基抜

サフランライス

ファブリケ

 

やかる、たまる

確かめ合う、見抜き合う

不気味さを共有する

顔を見合わせ、すぐに目を離す

 

古い古い歌をぼうやり、思い出していた、

夕方のお墓の、横の長椅子で並んで

とくに何も話さないで

とくに何もは話せないで

少しずつずれていく赤い日差しが、何か無性に羨ましくて

 

かるきぬき?

知らず知らず止めていた息が苦しくなる

いっそどうにでもなれ、とそのまま黙り込む

ちらつく光が知らない間にヘッドライトに変わり

頰を掠めて走り去る

削られていく寂しさに

ゆううつも少しずつ掠め取られて

自分のものはもう何もない

 

繰り返し歌われた歌はその像を硬くして

本当の姿はもう失われた

石の鞘になってまで、何を守る?

頑なになってまで何を見ていたい?

走り去る時間には何が映されていた?

また気が向いたら教えて欲しいよ

あのときを、もう、まだ、ずっと待ってる