吾々の断片

砂浜で夢中になって集めた透明な石は、いつか砕けたガラス瓶の破片だった。

それはかつて一つだった彼らの宿命だったのかもしらん。

海に流された僕らの粉のような断片は、またいつか渡り鳥に啄まれ、鰯の群れに飲み込まれ、日差しにあてられ、そしてまたいつか浮上して大きな雲になる。

波打ち際で、濡れた砂に背中を預け、大きく腕を広げてみた。

十字架に架けられたようだな、と思い、やけるような自分の身体をも、思う。

「永遠は螺旋に連なり、惑星の軌道を描くのだ。」

僕らの粉のような断片なんて、たかが知れてるから、自由になれるってさ。

やける身体を思いながら、瑣末のやりとりさ。

ガラスの欠片を指に摘んで、透かしてみたら、薄紙のような空を貫いた。